So-net無料ブログ作成
テレビマニア ブログトップ

お気楽な年末年始の恒例 [テレビマニア]

南西向きの我が家、陽が当たってさえいれば、夕方まで温室状態、暖房要らずなのだけど、
昨日、今日と曇天・・・・小雨模様で、寒いのなんのって。暖房フル稼働。

毎年、寝正月、寝夏休み、寝ゴールデンウィークのお気楽柴壱、
年末年始の恒例と言えば、やっぱりコレ!

紅白歌合戦箱根駅伝
この二つの番組を見るために、年末年始はどこへも行かずに家にいる、って感じ。


紅白
・・・・

超つまらなそう!とか言いながら、結局最初から最後まで、ぜ~んぶ見た。
レコ大やウィークエンダー復刻版に浮気することもなく。
さっそく視聴率、第1部35.4%、第2部42.9%ですって。(YOMIURI ONLINEより)
とりあえず、史上最低の一昨年を上回ったから、いいんでないの?
いきなり、トップバッターが演歌っていうのは斬新だったし。
今までの例なら、トップは「WaT」VS「ゴリエ」だったもの。

何のかんの言って、良くも悪くも、みのさんってスゴイなぁ。ハチャメチャ。弾け過ぎ。

それに、民放のカラーをここまで取り入れたのも、初めてでは? 
20年前なら、「♪真っ赤なポルシェ」がご法度なら「♪伊代はまだ16だから~」もダメ。
CMソングや、民放ドラマの主題歌っていうだけでNGだったのにネェ。
それが、仮面ライダーナントカは出てくるは、「♪モーニング娘はWow Wow Wow~」だし、
審査員の琴欧州は、ヨーグルトの商品名「ブルガリア」なんて言っちゃうし。
もう、なり振り構わぬNHKって感じ。

ま、スキウタNo.1でスマップの「世界にひとつだけの花」を聴けたのはよかったし、
大トリも、メッセージ性の高いスマップの歌でよかったし、で
4時間半もテレビにかじり付いてた甲斐はあったかな。 

話題のユーミンについては、もうノーコメント。


一方の、箱根駅伝・・・・

まだテレビ放送が始まって20年足らず。
で、いつからこんなに夢中になったのか、あまり記憶にもないんだけど。
とにかく、アンチG軍の柴壱が、ヨミウリにこだわる理由があるとすれば、「箱根駅伝」っていうくらい。

毎年、密かに応援しているのは、中央学院大。なんたって地元ですもの。
藤色シャツに蛍光イエローのパンツも、駅伝ではすっかりお馴染み!になったと思う。
第1区で新人君が区間賞取ったのはビックリ! 今年は期待できるゾ!と思っていたら、
3区でブレーキになって、結果往路18位。残念!
でも、復路では、せめてシード権獲得目指して頑張って欲しいなぁ。

そう言えば、往路優勝の順天堂大も、in千葉だった。
5連覇目指す駒沢大が30秒差の往路2位。
また今年も「終わってみれば駒沢」になるのか、
前評判の東海大日大か、久々の山梨学院か、それとも古豪の中央か?

10分以内の時間差スタートに、16チームもいる大混戦。

明日は、絶対早起きしてスタートから見なくっちゃ、ですわ。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

紅白歌合戦 [テレビマニア]

「As Time Gose By」の燕多さんが、「紅白歌合戦認知率調査」なる記事を書いておられたので、
面白そうだから、柴壱も、マネッコしてやってみることに。

歌手の認知は、顔が判って、代表曲1~2曲を知っているレベル。
曲目の認知は、タイトルを聞いて、最低でもサビのメロディが浮かんでくる、というレベル。

紅組歌手認知率 96.5%
白組歌手認知率 93.1%
歌手全体認知率 94.8%

紅組曲目認知率 51.7%
白組曲目認知率 41.4%
曲目全体認知率 46.5%

ワ~イ! 歌手全体の認知率は約95%。燕多さんの中2の娘さんの88.5%に勝ったぞ。
って、そんなに手をたたいて喜ぶことか。
それって、働くお父さんより、中2の女の子より、
いかに、柴壱がワイドショーみたいな情報番組ばかり見ているかってことの証明。

その一方で、曲目の認知率が50%に満たないのは、自分でもビックリ。

最近の歌って、横文字のタイトルが多くて、よくわからん。
浜崎あゆみだのCHEMISTORYだの、もちろん顔も判るし、代表曲は何曲も知っているつもり。
でも、今年の曲目見ても、全然メロディが浮かんでこない。

それに、曲をまるごと、じっくり聴くような歌番組がほどんどないから、
曲目まで覚えるチャンスがないのよね。曲目とメロディが一致しない。
おそらく、サビの部分を聴けば、
「ああ、CMスポットで、しょっちゅう流れていたあの曲がこれだったのね」とか
「あのドラマの主題歌だった曲かぁ・・・・」ってわかるかも。

よくよく考えてみたら、今年の超目玉になっているユーミンの歌でさえ、
「えっ、どんな曲だっけか?」って感じ。
本番で聴けば、「あ~、あの曲だったのね」って思い出すかな。

何だかんだ言っても、やっぱりユーミンは見もの。
20年以上前に、「ザ・ベストテン」で1度だけ、中継で「守ってあげたい」(だったかな?)歌った時に、
ガチガチで、音程フラフラだったのが印象的。
「紅白」の生中継では、どんなステージになるのか。

今年の紅白、超つまらなそぉ~! なんて思ってたけど、やっぱり見てみようっと。

何年か前の「地上の星」や一昨年の「世界にひとつだけの花」みたいに
「紅白」で認知されて火がついて、年が明けてから、再ヒットに繋がる曲が出てくるかも。

自慢じゃないけど、物心ついてから、去年まで「紅白」見ずに年を越したことなかったしね。

・・・・・・・・・・ 

ということで、この記事、燕多さんの「As Time Goes By」にトラックバックさせていただきます。


nice!(3)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

おしょうしな ♪スウィングガールズ [テレビマニア]

 昨晩、待望の「スウィングガールズ」の地上波放送!

「ウォーターボーイズ」の「二番煎じ」じゃないか、
いや、監督が同じだから「二匹目のどぜう」だろう、
な~んて言わないで。
柴犬倶楽部には、ちょっと別な思い入れがあるわけで。

「スウィングガールズ」のクライマックスシーンとも言うべき、東北学生音楽祭のシーンを撮影したのが、
川西町フレンドリープラザ(以下・プラザ)という、柴壱のお気に入りスポットのひとつ。
今でも、年に2~3回は訪れている場所なのです。
プラザとは、ホールと図書館を併せ持つ、町の公民館のようなところ。
映画で、見慣れたロビーやら客席やらが映し出されると、
思わず心の中で「ワーッ」とか「キャーッ」とか叫んでしまいました。
舞台から客席って、あんなふうに見えているのね、な~んて思ったりもして。

「川西町ってどこよ」
「山形が舞台なんだから、山形のどこかでしょう」
と言う方のために、
「山形県は人の横顔に似た形をしていて、その顎辺りが置賜(おきたま)地区。その中に川西町があります」
川西町出身の友人・柴犬零号は、こんなふうに自分の故郷を説明します。

映画「スウィングガールズ」は、この置賜地区で、ほとんどのロケが行われたとのこと。
映画を見てわかるとおり、辺りはのどかな農村地帯。
冬になれば、有数の豪雪地帯となるのです。
女の子たちは、「ガールズ」ほどではないものの、今でもライト置賜弁で会話してます。

こんなのどかな置賜に暮す人々、とりわけプラザに集まってくる若者たち&元若者たちが実に熱いのです。

「映画に因んで東北学生音楽祭をやろう! 映画と同じ2/12に!」

誰かがそんなことを発案したのでしょう。
短期間のうちに広報し、ほとんどがボランティアの手によって実現させてしまいました。
今年の2/12には、全国から500名を超える「ガールズ」ファンの人たちが、豪雪の置賜に集まったとのことです。
(残念ながら、柴壱は行かれませんでしたけど)
来年も、第2回~を企画しているとか。
記録写真等はここから見られます。
    ↓
http://www.nagaiwalker.com/~sg-ongakusai/

また、この秋、テレビ放映を記念して「ロケ地めぐりツアー」なるものも企画されているようです。
詳しくは ↓
http://swinggirls.jan.jp/index.html

さて、映画の話に戻って
「二番煎じ」でも「二匹めのどぜう」でもなく、ホントに楽しめる作品でした。

いつもは早々と寝てしまう同居人・ブルテリア九拾六号も、笑いながら最後まで楽しんでいました。
心なしか、スウィングしながら・・・・

おしょうしな~!!

 「おしょうしな」は置賜地方の方言で「ありがとう」
関東人の柴壱は、うまく発音できませんが(笑)

映画の中での中で「ガールズ」だちの「おしょうしな~」を聞けなかったのは、
ちょっと残念でしたけど。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

十津川警部と亀井刑事 [テレビマニア]

今日、関東では偶然にも同じ時間に、テレ東とテレ朝で西村京太郎ミステリーの再放送をやっていた。
老舗テレ朝は、高橋英樹&愛川欽也コンビ。方やテレ東は、神田正輝&小林稔侍コンビ。

柴壱は、20年来の西村ミステリーファン。

TBSは渡瀬恒彦&伊東四朗コンビ。過去には、高橋英樹&いかりや長介、小野寺昭&川谷拓三コンビなんていうのもあったような・・・・。

それにしても、役柄は年を取らないのに、役者さんは我々一般人と同じ条件で確実に年を取るもの。20年以上も亀井刑事役を演じている愛川欽也さんは、確か古希を迎えるお歳のはず。若手刑事役の森本レオさんだって、そろそろ定年を迎えるお歳では?

さて、柴壱が勝手に思い描く、次期十津川&亀井像は・・・・

     十津川警部に布施博さん、亀井刑事に大地康雄さん

布施さんは、二枚目+α で今までとひと味違った十津川警部になりそう。
大地さんは、自分の足で地道に証拠をつかむ庶民派の亀さんのイメージにピッタリ、な感じ。

これは、あくまで柴壱が勝手に思い描いている配役です。

でも、次に西村作品がドラマ化される時、どんな十津川&亀井像になるか、ちょっと楽しみなわけです。


 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ
テレビマニア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。