So-net無料ブログ作成
いわゆる日記・雑感・ひとりごと ブログトップ
前の20件 | -

親不孝 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

あらかじめ書いておきますが‥‥

柴壱はひどく気落ちしているわけではなく、塞ぎ込んでいるのでもなく
もちろん、泣き暮らしているわけでもありませんので
ご安心ください。




その知らせを受けたのは、18日の早朝、横浜・桜木町のホテルでした。

前日は、昼間、神奈川県立音楽堂で行われた小曽根真さんのコンサート「Road to Chopin」を聴き、
夜、港の夜景の撮影をして1泊したところでした。

 

続きます↓


トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ブツブツ…@備忘録的「PC復旧奮闘記」などなど [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

一応、生活に支障がないレベルまでPCが復旧し、ようやく落ち着いたところです。
(いかにPCに依存した生活を送っているのか)

ただ、正確には柴壱の専用PCが復旧したのではなく、
間借りしていたブルテのPCの再セットアップとなりました。
これは、4年前に同じスペックで柴壱のと一緒に買ったものなのですが、
ワードでエラーが起きるという致命的な現象で、いずれ再セットアップを、
といって放置してあったものなのです。
ちなみに、柴壱のPCは、ディスク自体がウンともスンとも言わず、
再セットアップさえできない状態でした。


そんなわけで、PCを再セットアップします。

(以下、備忘録的な長い話なので、特段興味のない場合は適当に読み飛ばしてください)


再セットアップ=初期化=買った時(約4年前)の状態に戻す‥‥ひと言でいえば簡単。
いや、実際にマニュアル見ながらやれば、それほど難しくないし、時間もかからない。

しかし、です。
4年の間にたくさんのプログラムが更新されているわけです。
OS(うちのはXP)とOffice、IEなどなどマイクロソフト絡みだけでも、90個以上の更新ファイル。
段取り間違えて、固まってしまったり‥‥行ったり来たり‥‥で、
それだけで丸一日かかってしまいました。
(IE立ち上げた状態でIEの更新したら、そりゃダンマリになりますわな)

セキュリティソフトだって、4年前のものは、とっくに期限切れだから
削除して別のものに入れ替え。そして、最新版に更新。

そして、メールもセットアップ。
これまた、小さな画面にアカウントの点(ドット)がひとつ多かったり少なかったり
それだけでも全く動かないのに、よく見りゃサブドメインまで抜けてたり‥‥
で、大きく回り道してしまいました(苦笑)

続いてプリンタ、スキャナなどの周辺機器のドライバ。
ついでに、カメラ関連のソフトも。

多少詳しいブルテに面倒見てもらいながらやったので、何とかなりましたけど
デジものに疎い世代には、全くお手上げですわね。

要するに、買って4年も経たPCが壊れたら
 ・詳しい友人、知人、家族を呼んで助けてもらう。
 ・業者に任せる。
 ・新しいものに買い換える。(←ホントはこれが良かった^^;)

ってことですかね。


PCの基本的な部分が整ったら、今度は自力で柴壱用にカスタマイズ。

まず、なんといっても「ニッポンのわんこよみ」作成のための大事なソフト「ラベルマイティ」
そして、画像処理の「フォトショップEL4.0」(←もう古い)、「乗り換え案内」などなど。

さらに、もうひとつ大事なのが「フォント」。
実はフォントマニアの柴壱、いろんなフォントを集めて入れてあって
(だからPCが重いのだ、というツッコミは置いといて)
それを復元するために、過去の年賀状ソフトや素材集を片っ端からインストール。

それでも、「わんこよみ」に使っている「隷書体」のフォントだけがどうしても見つけられず…
諦めようか‥‥でも、好きで使っていたので諦めきれず‥‥
執念でさらに古いCD-ROMを探していたら、
なんとWin98時代に使っていたラベルソフトにありました。


これで「道具」としてのPCは何とか復活です。
ユーザー辞書やインターネットの「お気に入り」などは、おいおい整えていくとして。


PCが壊れて誰もが泣きたくなるのは中のデータ類ですよね。

それが、幸いなことに、といいますか、フォルダに入っている、いわゆる「データ」というものは
2ヶ月くらい前、一時ネットが不調になった時、バックアップを取ってあったので、助かりました。
こんなことを予感したわけでもありませんけど。
消えてしまったのは、7月末に行った「中山法華経寺のハス」「花の美術館」の写真くらい。
ま、「会心の作」という写真を撮ったわけでもないので諦めます。

困ったのは、何もバックアップもしていなかったメールの中味&アドレスたち。
これは意外な盲点でした。というか、うっかりしてました。

しかるべき業者に頼んでお金を払えば解決するのかもしれませんが、
そこまでしなくてもいいかっ、と。
柴壱PCのディスクは壊れたままで、初期化したわけではないので、
「どうしても」の自体になった時、お財布との相談にします。


ただ、4年前時点の、メールのバックアップが残っていました。
ダメ元でインポートしてみたら、嗚呼、やはり過去のアドレスばかり
 ・メールのやり取りをしなくなった知人。
 ・友人の辞めてしまった職場のアドレス。
 ・明らかに「アドレス変わりました」と連絡もらってる人の古いアドレス。

そんな中、4年前といえば、
ちょうど第1回の「ニッポンのわんこよみ」に参加してくださった方々とのやりとりの記録が
残っていました。うれしかったですよ。
ここに「強いご縁」を感じた次第です。


ディスクの障害って、なんとなく「対岸の火事」というか「他人事」のように
ついつい「自分だけは大丈夫」と思ってきましたけど
大切なデータだけは、きちんとバックアップしておかないとダメですね。
それと、万一再セットアップになった時に必要なCD類を一まとめにしておかないと、ね。

今回の教訓でした。


で、「ニッポンのわんこよみ2011」の写真&参加表明はお陰様で12ワク決まりました。

しかし、やれやれ、と思ったのも束の間
今度は、プリンタの調子がどうも‥‥orz
カメラでお世話になっているキヤノンの東日本センターに持ち込まないとダメかしらん?
カレンダー印刷する前に、何とかせねば!!

一難去って、また一難、です(´・ω・`)

 

長くなりましたがまだ続きます。ここから話題ガラリとかわりまして…やはりブツブツと…


nice!(17)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ようこそ「ゆめ半島」へ、ようこそわが町へ [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

おおよそ、関係者以外にはほとんど関心をもたれない国民行事、その名は国体。
それが、今年は、ちょっとだけ関係者の端くれ…な気分だったり。
別に、知人が出場するわけでもありませんが、
千葉で開催ですから。

   g7_20100925_005-bl.jpg

小学生の時、
「若潮国体を成功させよう」
な~んてワッペン付けて盛り上げさせられたのを記憶しています。

その時「国体とは何ぞや~?」って初めて知りました。

47都道府県の持ち回りなら、次に千葉で国体が行われるのは48年後。

その頃には、お婆サンになってるんだろうなぁ…
いや、もう生きていないかも…

などと思っていたら、早かったですねぇ。
正確には37年ぶりだそうですが、あっという間でしたわぁ(笑)


日に日に、歓迎ムードとなっているようですが‥‥
街行く人は意外に冷めた様子。

この大会キャラクターのチーバ君のオブジェ、というか植え込み
2~3週間前から飾られていましたが、足を止める人もなく。

開会式の行われた昨日、通りがかりにパチリと。
   g7_20100925_001-bl.jpg
想定外の残暑に、花も疲れ果てたのか、ちょっとショボくれちゃってます。

どこからか飛んできた風船が凋んで垂れ下がっているのかと思ったら
   g7_20100925_003-bl.jpg
よく見たら、チーバ君の舌でした(笑)

千葉の地形をデザインしたチーバ君、
ちょうど、舌のあたりがわが町じゃ~ん、と思ったら、
元青春スター知事が開会式後、天皇皇后両陛下に
「舌の部分が浦安です」とご説明されたとか。
ま、そういえばそうかな?

チーバ君って、初めて見た時は「なんか、変な顔して可愛くないコ」って思ったけど
見慣れてきたら、結構好きになってきたりして。

特に千葉の形の横顔よりも、正面から見た顔が好き♪
なんとなく、スヌーピーを正面から見た可愛さにちょっと通じるところがあるような気がして。

   g7_20100925_002-bl_tr.jpg

月並みではありますが、
選手の皆さん、怪我のないように、日頃のトレーニングの成果を存分に発揮して
千葉でいい思い出を作ってくださいな。


 

以下、オマケの話&写真です↓


タグ:千葉 わが町
nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

左利きの不便と右利きのストレス [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

先日の台風大雨以来、東京圏の「猛暑」は一息ついた‥‥かとも思いましたが、
まだまだ日中は暑い日が続いていますね
皆さま、「猛暑」「酷暑」「厳暑」のお疲れが出ていませんか?

私の方は、暑さボケというわけではありませんが、このところ何度もビールを冷やし忘れました^^;

アルコールにそれほど執着あるわけではないですが、
レギュラー缶1本くらいは毎日飲みたいですもの。(なのに冷やし忘れるか!?)
冬場は北側の部屋に置いておくだけで飲み頃なのですが
この暑さでは、ちょっと冷凍庫に入れたくらいではなかなか冷えてくれません。

で、そんな時に登場するのがカンキューレ[ぴかぴか(新しい)]

  
 


この四角い容器に缶と氷を入れて(吸盤で缶のお尻とハンドルをくっつける)
ハンドルをグルグル回すと、あら不思議、
急速冷却してくれるのです。

何かの景品でもらったものなのですが、結構助かります。

しかし、ブルテにはこれが使い難いのだそうです。なぜなら、左利きだから

ここから本題です。よろしければ続きをどうぞ↓


タグ:花火 左利き
nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

写真は撮りたいが…労は惜しむ@花火 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

毎日毎日、こう暑くちゃ、写真なんか撮りに出かける気にもなりませんわね。

我が家の冷凍庫の写真で、せめて冷やい気分に。
保冷剤いっぱいです^^
   g7_20100807_002-bl.jpg

ピンボケ、
しかも、
もう少し整頓して入れればいいのにぃ~

ってなツッコミは甘んじて受けます(笑)

何しろこの暑さですから、冷凍庫は開けたらすぐに閉める、が鉄則!!
ということで、きちんと整頓なんかしているヒマはないのであります。


この夏、15年以上ぶりに、毎日麦茶を沸かしています。

以前は、せっせと沸かしてたんですけどね。

15年くらい前(もっと前?)、異常な冷夏で(翌年米騒動が起きた時)、
何となく、麦茶を持て余していました。
その後、東京圏よりはずっと涼しい仙台で5年ほど過ごして‥‥
やはり、麦茶をあまり必要としなくて‥‥

それに何より、この15年の間に、ペットボトル飲料が格段に進化しましたよね。
種類も、味も、お値段も^^v

で、それっきり、麦茶を沸かさなくなってしまったのでした。
飲み物は、買って済ますようになったのです。

しかし、今年の暑さは異常。
毎日毎日、空になるペットボトルをみて、これはどうも不経済、と。
それで、麦茶復活、となったわけです。

もっとも、麦茶を沸かすっていうのも、結構しんどい仕事なのですよ。暑くて;;

最近は、「水出し」が主流になっているみたいですが、
一口二口ならいいけど、ガブガブ飲むのに直の水道水っていうのは、どうも抵抗が。

水でもお湯でも出せる、という、パッケージに某芸人さんの写真が載っているのを買って
使っているのですが、香りの方は、昔ながらの麦茶のようなわけには‥‥なかなか、ね。

でも、暑い夏は、冷えていればそれだけでご馳走、だったりします(笑)


さて、ここからが本題。

お披露目するようなものでもなんでもないのですが、
記録として、反省として、教訓として残しておくことにします。

よろしければ、続きをどうぞ↓


タグ:花火 麦茶
nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

7/19の呟き・延長戦 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

連日の暑さで、外を歩く気にもなれず、ブログのネタもなし。
出てくるのはツブヤキ、グチ、ボヤキばかりの柴壱です。

夏の甲子園の出場切符、千葉県は成田高校が20年ぶりのゲットです。
まずは、おめでとう、ということで。
なんでも、投手が唐川2世とか言われているそうで。

で、その成田高校に準決勝で敗れたのが習志野高校。

ワタクシ、野球にすごく詳しいわけではないのですが‥‥

7/19の呟きブログにも書いた通り、
友人の息子さん(T君)が2年生ながらベンチ入りしてる、ってんで
今夏は、習志野の予選、見られる限りTVの前で応援してましたよ。
相変わらず、TVは寝室(エアコンなし)だけなので「ながら」ができず、
見始めると2時間半、いろんなことが止まってしまうのですが…^^ゞ

友人はピアノ仲間で、もう40年来の知り合い。
もちろん、T君だって、お腹にいるときから知っているわけで、
ピアノの先生はじめ、仲間内ではもう大盛り上がりですわ。

話を聞くと、想像以上に高校球児の親って、大変なのね。
夏の大会はもちろん、春、秋の大会でも
会場での応援だけでなく、その裏方も。
お弁当、飲み物の用意やら、送迎やら。ユニフォームの洗濯やら。
父母会が、ちゃんと組織になっていて、役割も決まっているんですって。
毎日寝る間もないほど忙しい、らしい。

よく、ドラフトで指名された選手が
「親孝行したい」「家をプレゼントしたい」
な~んて言ってるけど、わかる気がしますわ。

高校野球は、選手として出られるのは、当然3年間だけ。
指導者が変われば、鳴かず飛ばずだったチームが急に強くなることも。
だから、強豪・古豪といわれる学校が、いつも勝ち進むとは限らない。

そんな中、ここ最近の習志野高校は強いチームのようです。
(ま、主将の山下捕手一人の肩にかかっていた、って感もないではない、が)
その時期に在学している、っていうのはラッキーなこと。
月並みな言い方をすれば「運も実力のうち!」
100名近い部員のいる人気校で、ベンチ入りするスゴイことですよね。
(部員が9名しかいなくて、1名負傷で不戦敗となった学校だってある)


知り合いの元高校球児(千葉ではないが、結構強い学校だったらしい)曰く
 強いチームにいると、自分の実力(その道で通用するか)は見えてしまう。
 でも、野球部で鍛えた経験があったから、その後の辛いこと、壁を乗り越えることができた。


T君はまだ2年生。来年もある!!
少なくとも、怪我や病気で悔いを残すようなことだけはないように、
しっかり精進して、あと1年、オバサンたちをワクワクさせておくれ♪


わが町でイチバン甲子園に近いと思われていた市船(市立船橋高校)は
うまく勝ち進めば決勝で習志野と当たる組合せになっていましたが
残念、5回戦、ベスト16止まりでした。
これでもう、今夏は、高校野球に熱くなることはないでしょう。

ここからガラリ変わってハトの話。よろしければ、続きをどうぞ↓


nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

喉元過ぎても熱さ忘れるべからず [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

約1週間じらされ、待たされたゆうパック騒動の顚末(というほど大袈裟でもないけど)です。

柴壱の備忘録であり、ただのウップン晴らしといった感じがしないでもありませんが、
何かお役に立つ情報があるかも(?)知れませんので、よろしければ、続きをどうぞ。

続きをどうぞ↓


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

またまたボヤキで@横山幸雄 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

以前、「また写真以外の話で@中村紘子」なる変なタイトルの話を書きましたけど
その姉妹記事のような話です。

先週末、千葉市若葉文化ホールで行われた、横山幸雄さんの演奏会を聴いてきました。

   g7_20100627_005-bl.jpg

1990年にショパンコンクールに日本人として最年少入賞。
先月にはショパンのピアノソロ全166曲を16時間かけてすべて暗譜演奏するという
途轍もないコンサートをやってのけた方ですが
そのわりに、知名度的には地味めかな、と。

それでも、最近では、辻井伸行君のお師匠さんということで、
クラシックにはあまり関心のないブルテも名前を覚えたようです(笑)

ここからぼやかせていただきます。よろしければお付き合いください。


nice!(13)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

クツの話・二題 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

真夏のような暑さだったり、急に冷え込んだり
紫外線いっぱいかと思えば、ドシャ降りになったり‥‥

でも、もはや春ではないですね。
皆さん、お風邪など召されてませんか~!?


ところで、もちろん冬ではないこの時期、そして鬱陶しくなるこれからの時期
どうしても気になることがあるのです。


雨の日に若いコが履いている革のブーツ。(もちろん、冬用のヤツ、ね)

雨だから長靴…のつもりで、ブーツなのかもしれないけど、
あれって、靴のためにも、足のためにも良くない、と思うのですが‥‥。

去年、8月の雨の日に、上は裸のような格好なのに革のブーツを履いたコがいて
ひっくり返りそうなくらいビックリしました。

どうせ、若いコに言ったり、訊いたりしたところで

  「可愛いからいいじゃん」
  「だって、濡れるのイヤだしぃ~」

くらいの答えしか返ってこないだろうから、何も言いませんけど
殿方は、梅雨時や真夏に女の子が履いている革のブーツ、
どのようにご覧になっているのでしょう?

とても気になるのであります。ご意見をうかがえれば^^
(もっとも、あのキムタクも、実は秘密のブーツを履いているとか、いないとか)



もうひとつ、靴の話題。

先週の木曜日、朝刊にこんな話題が載っていました。

何となく愚痴っぽい話ばかりですが、よろしければ続きをどうぞ↓


nice!(16)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

やすらかに‥‥ [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

土曜日は、ピアノの発表会も無事終わり、楽しくてかなり「幸せ気分」でした。

日曜日は、朝イチにヨドバシからの電話で、キスデジ君の修理完了のお知らせ。
まあ、早いこと。
これなら、次の週末の山形・仙台行脚に十分間に合いますわ。

ちょっと嬉しい気分でPCの電源を入れると、mixiの「井上ひさしさん死去。」の文字に、
愕然‥‥
(少し前に、ある芸人さん死亡のガセネタを投稿してファンを騒がせた大馬鹿者がいたので
 まさか、とは思ったけど、信じたくはなかった)

いつかはそういう日が来ることは、漠然とは考えていましたよ、人間ですから。
昨年末、肺ガンであることが公表され、75歳という年齢を考えれば、
間違いなくその日が近づいていることを思い知らされました。
もちろん、それが一年でも、一日でも先のことであれば、と祈っておりましたが。


私が10年以上関ってきた「遅筆堂文庫生活者大学校」が
昨秋、校長である井上さんの体調不良のために中止となりました。
1ヶ月ほど前、今年、そして今後の生活者大学校について
 校長先生は、ずっと校長先生だけど、これからは校長先生にを頼るばかりでなく
 もっともっと実行委員が主体になってやっていこう
と、話し合ってきたばかり。


最後にお目にかかったのは、いつだろうか‥‥

私のような者にも気さくに声をかけてくださる方でしたから、
ゆっくりお話できる機会があったら、伺ってみたいネタがいろいろありました。
日本語のギモンとかこだわりとか。

芝居や小説を書くために、徹底的に資料を調べる(その結果締切に間に合わない)
というのは有名な話ですが、スポーツや音楽にも造詣が深く、
以前、芝居に使うためにショパンのCDを何日もかけて聴きまくっているらしい、
という話も耳にしたことがあります。
いつの日か、ワタクシが弾くショパンを聴いていただける日が来るだろうか
などと、夢のようなことを考えたこともありましたが、それも叶わぬこととなりました。

テレビなどで生前の偉業を称えるVTRが流れ、それを見るにつけ
作文教室で原稿用紙に赤ペンを入れていただいたこと、
直接いろんな話を聞けたことは、宝物のようなことなんだ
と改めて思います。

井上さんのお写真です↓


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

近況というか‥‥ブルテ父のその後 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

2月初めより、何となく落ちつかぬ日々を過ごしておりましたが、
先週25日夜、ブルテ父が天寿を全うし、旅立っていきました。

89歳の大往生ですし、あとは本人も苦しいばかりの延命とのことでしたから
これで楽になれて、やれやれ、といったところです。

先週末、通夜・葬儀など、一連の儀式を無事に終えてきました。

3週間以上も危篤状態が続いていたわけですが、
ブルテは、先週初めにどうしてもはずせない用事があり、かぶらなければいいが…と心配しておりました。
柴壱の方も、予約していたマンモグラフィーを延期しただけで、
いろいろ組んでいた予定の合間をすり抜けるように、義父は旅立って生きました。

頑固一徹で情け深い義父の、最後の気配りのようにも思えました。

以下、仏事にまつわる考察、感想、覚書などなど(文章ばかり、長いです)


nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

実家が遠いと‥‥ [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

10日ほど前、ブルテの実家の義兄から電話があり、寝たきりの義父の容体がよくないとのこと。
(先々)週末くらいがヤマなので、身内に連絡するように、と医者から言われたらしい。

急遽、金沢へ帰らねば!

ということになったのですが、
果たして、この場合、喪服を持っていったほうがいいのだろうか…迷う。

亡くなってもいないのに、喪服持参っていうのもどうか。
しかし、必要になったからって、すぐに取りに帰れる距離でもない。
(以前、冬の小松便に乗って怖い思いをしたブルテは、それ以来私用では絶対に飛行機に乗らない)

いろいろ迷った末、まずはブルテが身軽に行き
必要と判断した時点で、柴壱が二人分の喪服を持って追いかけることに。
柴壱さん、自宅待機です。


で、結論としては‥‥


チョイスは正解でありました。

先々週土曜日に、「今日明日はないだろう」ということで
一旦引き上げてきました。

喪服が必要なかったのは何よりでしたが、
新潟の大雪の影響で往復とも列車がかなり乱れていたようなので
もし、二人で着の身着のまま駆けつけて、喪服を取りに戻る事態になっていたら
それは、また厄介なことでした。

実家が遠い人って、皆さん、こんな時どうするんでしょう?
やはり、悩むのかしら?


あれから1週間。
容体は一進一退のようで、イエ電が鳴るたびにドキッとし、
ブルテも柴壱もケータイが手放せない日が続いております。


実は、一昨年の夏にも同じような連絡があって、その時も「喪服どうする?」と迷った末に
今回と同じ選択をしていたのでした。
その後、1年半も生き延びているんですから、なかなかの生命力かも、です。

男性の平均寿命をクリアして約10年。
義母の方は、若い頃から病弱で50歳まで生きられないかも…と覚悟していたのに
気づけば女性の平均寿命をもうすぐクリア。
ブルテの家は、長生きの家系のようで、ちょっと心強いです。


そもそも、義父が倒れて、そう遠くなく喪服が必要になるかも、と
ブルテと二人で礼服を新調したのが、5~6年、いやもっと前のこと。
結局出番は訪れず、ブルテも柴壱も、初めて袖を通したのは
それぞれ、若くして旅立つ親友を見送る時だったのですから
わからないものです。

以下、話の内容とは全く関係ありませんが‥‥


また写真以外の話で@中村紘子 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

なんか、変なタイトルですね。
便利に使ってます@マーク(笑)

先々週のことになりますが、1/24、江戸川区総合文化センターで
中村紘子さんのデビュー50周年リサイタルを聴いてきました。

   g7_20100124_003-bl.jpg

以下、演奏会の感想&ひとつ賢くなったお話です、よろしければ続きをどうぞ↓


nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

たまには写真以外の話@小春日和 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

今日は「恵方巻」の日でした。

どう見ても「豆まき」より商売になるらしくて
デパ地下は、お弁当屋さんも、お惣菜屋さんも、おすし屋さんも、とんかつ屋さんも
どこもすごい行列。
最近では、パン屋さん、ケーキ屋さんまで「恵方巻」に進出してきてるし。
そんな中で、珍しくラスクのハラダが空いてましたよ~^^ ラスクじゃ巻けないもんね(笑)
(柴壱はシベール派なので、ハラダのラスクは空いていても素通りです^^;)


で、明日から暦の上では春。
暖かくなったら、どこかに行きたいなぁ~[るんるん]

な~んて思っていたら、こんな新聞広告見つけました。

よろしければ続きをどうぞ↓


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ヨドポイde新兵器ゲット [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

「マイルが貯まったから旅行してきた」
な~んて話を聞くたびに
「どんだけ飛行機に乗れば旅行にいけるの!?」
って思っている柴壱です。

飛行機にはほとんど乗ることがないので、航空会社のマイレージには全く無縁なのですが
気づいたら、「ポイント」ってヤツは、結構貯まってます。
っていうか、セコく集めてます(^^ゞ

近所のスーパーでは、「ポイント5倍セール」の時にビールを、
地元の大型店では、「ポイント10倍セール」を狙って化粧品なんか買うもんだから
どちらのポイントも結構貯まります。

で、イチバン貯まっていたのは、あの家電量販店のポイントです。
「♪ま~るい緑の山手線、まん中とおるは中央線‥‥」のあそこ(笑)
PCやカメラ周りの値の張るものから電球1個まで、できるだけそこで買うようにして
気づいたらキスデジ君の本体が買えるくらいに貯まっていました。

で、新兵器をゲットした、というわけです。

何でしょう? 気になる方は続きをどうぞ↓


タグ:キスデジ
nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

激写団ひとりの呟き・ぼやき・備忘録etc.(大阪神戸番外編) [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

今年の話は今年のうちに!
今年の写真は今年のうちに!

ということで、12/12~13の大阪・神戸行きでの出来事、ぼやきなどなど。
アップしていない写真を含めて、番外編です。


まずは、地元駅で、東京駅に向かう電車に乗り込んで、いきなり
「あっちゃあ…やっちまったよ…」と。わすれもの?

続きをどうぞ↓


nice!(14)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

わが師~アラコキと75ans~ [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

今日は朝から夕方…のような暗さ。
雨が一日中しとしとと降っています。

こんな日は、家から一歩も外に出たくありません。
水曜日ですが、ピアノのレッスンはラッキーなことにお休みです。

いえ、ラッキーなどと言ってはいけないのです、ホントは。
先生が怪我のため、3週続けてお休みになってしまったのですから。

先々週(10/28)、生徒の何人かが学校行事やら試験やらでお休みで
行かれるのは大人2人でした(レッスンは30分ずつの個人レッスンです)。
そんな時、怠け者の大人はすぐ「それならお休みにしましょうよ」と提案するのですが
(ちょうど、我が家からダイヤモンド富士が見られるかもしれないXデーでしたから)
2人いるから予定通りやります、とのことでした。

それが、前日になって「お休みにします」とのメール。
怪我をしたので、とは書いてありましたが、ま、2人しか来られないなら「大事をとってお休みに」
くらいに思っておりました。

しかし、先週もお休み。「歩けるようになったら、またメールします」と短めの連絡。
おっと、入院はしていないようだけど、これはタダごとではない様子。
「詳しいことは次のレッスンの時に」とのことだったので、
こちらから「どうしたんですか?」とは訊ねず、「お大事に」とだけ返信したのですが‥‥

そして昨日、「来週になれば階段も何とかなると思うので、もう1週間お休みで」とのメールでした。

うちの先生、ちょっと憎めないようなボケっぷりは昔からあるものの、
どちらかと言えば「目から鼻に抜けるような」タイプ。
ゴルフの腕前は、そんじょそこらの若僧よりかっ飛ばすし、コントロールも抜群らしい。

ちょっと驚いたのは…片腕を肩から、もう片方を腰からまわして、背中で両手が繋げるか?
これ、ある年代以上の人は、できても片側(利き腕が肩からとか)だけ、って人がほとんどなのに
なんと、先生、この前両方やって見せてくれました。これにはビックリ。
(実は、柴壱は数年前まで両方できるのが自慢だったけど、気づいたら片方できなくなってた。
 余談だけど、これが両方できると、背中が痒くても「孫の手」要らず)

もちろん、見た目も若々しい。

しかし、そうは言っても、柴壱が子どもの頃に見ていた先生のようなわけにはいかないんだよね。
何とな~く、だけど、昔のような「キレ」がなくなってきてるというか‥‥
ま、教わってるこっちも、だんだんボケてきてるんだから、年を重ねてるのは当然だし
仕方ないことなんだけど。

1年くらい前だったか、ゴルフの賞品のお米(5キロだか10キロだか)を抱えて
ワゴン車から降りようとしてコケた、とか。
その時は、怪我は大したことなかったけど、おNEWのゴルフパンツの膝がすりきれたといって
えらく凹んでましたっけ。

アラコキ(Around古希=70歳前後)なんて言ったら怒られそうですが
アラフィフの柴壱が生まれた頃から先生業をされているのですから、事実は事実。

自分と自分の家族が健康で、経済的に支障がない限り、
ピアノだけは続けていきたい
と思っているのですが、いつまでこの先生に師事できるのだろうか‥‥
ってなことを考えないでもない、今日この頃であります。

ま、あと1年や2年、ってことはないだろうし、
10年、15年先も、お互いにヨボヨボになりながら、師弟関係を続けているかもしれませんけど。


☆★☆


さて、もうひとりの師‥‥

さらに長く続くので畳みます。ただのひとり言のような話ですが、よろしければ続きをどうぞ↓


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

防災訓練@町内会 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

晴れの特異日といわれる11/3、朝から空が青く澄んで、いつものようにビルと電線に邪魔されながらも
富士山がくっきりと見えました。

   x2_20091103_006-bl.jpg

そして、この日は、町内会(もちろんソネブロ町内会ではなくリアルな町内会)の
防災訓練がありました。

それなりに有効情報もあるので(?)、文字多いですがよろしければ続きをどうぞ↓


nice!(14)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

(追記あり)「大空、晴れた空、白く浮かんだ富士」 [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

台風一過の昨日、白い雪を頂いた富士山が、はっきり、くっきりと見える
清々しい日となりました。
讀賣新聞の夕刊に、都心から見える富士山の写真が掲載されていました。(ネットニュースは【コチラ】から)
やっぱり、ヘリからの写真は違うのぉ。

偶然、ほぼ同じ時間(9時5分頃)に我が家から見えたのが、この富士山です。

   x2_20091027_005-bl.jpg
相変わらず、電線と手前のマンションが邪魔していますが、
久しぶりに気持ちいいほどの富士山の姿であります。

   大空 晴れた空  白く 浮かんだ富士

これは、柴壱が卒業した小学校の校歌の歌詞です。
小学校は、柴壱が今住むマンションから、直線距離にして約1キロの高台にありますが
冬になると、お天気のいい日は真っ白な富士山が、とてもきれいに見えたのが心に残っています。
今は、まわりに高い建物が次々と建って、おそらく見えないでしょうねぇ。
(下手にカメラなんか構えていたら、怪しい人に思われてしまうかも^^;)

校歌は、このように続きます。


   朝の光 金にきらめき  夕の雲は 赤くもえる


   40d_20091027_002-bl.jpg
昨朝、台風が通り過ぎたさわやかな気配に目を覚ましたブルテが、40Dで撮ってきた写真です。

   x2_20091027_023-bl.jpg
夕方は、雲が真っ赤に燃えていました。

校歌はさらに、こう続きます。

   清く美しい山をながめて 心はればれ ○○の子ども(○○は小学校の名前)


校歌ができた頃(たぶん50年くらい前)とは、この辺りもずいぶん様変わりしましたが
いろんなものに邪魔されながらも、お天気がよければ、まだ富士山が眺められることに
ちょっと、感謝するのでありました。


一昨日、昨日、今日、明日あたりが、我が家の方角からダイヤモンド富士が見られるかもしれない、
という日でした。(ダイヤモンド富士については【コチラ】
ま、見えるといっても手前の建物が大きく邪魔をしてるんですけど(>_<)

一昨日は台風で全くダメでしたので、昨日は期待して外出先から大急ぎで帰ったんですが
日が沈む時分には、ちょうど富士山の方角だけ、すっぽりと厚い雲に蔽われてしまいました。

   x2_20091027_007-bl.jpg

今日は、ピアノのレッスンがお休みになったので、ラッキーv~!とばかりに
また、夕方、ベランダに張りついて見ようと思います。
(あ、先生が怪我のためにお休みなので「ラッキー」とか言ってはいけないんですけど(^^ゞ)

それにしても、日が短くなったねぇ‥‥
もう、4時半といえば夕焼けなんですから。

なお、小学校の校歌は、遠い記憶にあるものを頭の中から引っぱり出したもので、
歌詞を見て書いたものではないので、もしかしたら記憶違いがあるかも、です。
でも、いろんな物事を一番吸収する時期に6年間も、事あるごとに歌ったものなので、
意外に覚えているものですね。

以下、追記。10/28のダイヤモンド富士観察の結果です(笑)


nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

へそくりソングでNewカメラ [いわゆる日記・雑感・ひとりごと]

このところ、どうもブルテのカメラ EOS 40Dの調子が悪いと。

再三、ゴミが入り、9月の1ヶ月で3回もクリーニングに持っていくハメに。
(ゴミが入るのは、調子が悪いのとは別問題のような気もするのだが‥‥)
それだけでなく、何となくピントが甘いようだ、と。

なにしろ、2年足らずでシャッター回数が75,000撮超え。
(柴壱のキスデジが1年半で約22,000撮)
1台のカメラを、敵のように毎日毎日使い続けてれば、カメラ氏だって悲鳴を上げますわね。
検査入院でもさせたいところだけど、しばらくカメラが使えなくなるのは寂しい。
1月の緊急入院で懲りたみたい。
といって、いつ、また緊急入院になるかもわからない。

やはり、カメラがもう1台必要だ!!

と、訴えていたブルテ。
以前から、EOS 5D MarkⅡを欲しがっていたのですが、
テレビはまだ壊れたまま。そろそろ買わねば。
ガスコンロだって、洗濯機だって…いずれは‥‥
というわけで、なかなか踏ん切りがつけられずにいたのでした。

そんな矢先に、新機種EOS 7D発売の情報が。
カメラ雑誌を見ると、柴壱さんでも理解できる程度のスペックは、かなり良さ気。
レビュー記事も、それなりに上々なことが書いてあったりして。


それでも我慢しているブルテを見て
先日(といっても8月半ば)に見た芝居の中で歌われた「へそくりソング」が
頭をよぎって、ついつい口ずさんでしまいました。
(「柴壱さんって、年がら年中鼻歌うたってる」なんて突っ込みたくなる・笑)

「へそくりソング」気になる方は続きをどうぞ↓


nice!(12)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の20件 | - いわゆる日記・雑感・ひとりごと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。