So-net無料ブログ作成
検索選択

写真は撮りたいが…労は惜しむ@大人の火遊び [キスデジと歩く♪]

昨日(8/28)は、この時季には珍しく、我が家のベランダからも
2つの「日本一」をそこそこ拝むことができました。

   40d_20100828_009-bl_l.jpg
   ↑クリックで拡大します

2つの日本一とは、もちろんこれとこれ。
   40d_20100828_027-bl.jpg 40d_20100828_018-bl.jpg

1枚目の写真をクリックすると幽かに見えますが‥‥^^;
左端には毎度お馴染みビルに邪魔される富士山、
右の方に見える爪楊枝のようなのがスカイツリーです。

しかし、どうにもこうにも、日本一でもなんでもない鉄塔が中心にドーンと構えているので
ベランダからの写真は、そいつが主役になってしまいますなぁ。

やはり、労を惜しむとこんなものですわね。


さて、ここからが本題です。

皆さんが公開されている花火大会の素晴らしい写真を、尊敬と羨望の思いいっぱいに
拝見している柴壱ですが、
やはり、朝早くから(前日から?)出かけて、場所取りして‥‥
というのは、どうしても考えられません。

そこで、自前で花火大会をやってみました。

もちろん、手持ち花火ですけど(笑)


まずは、打ち上げ花火撮影の王道に則って、三脚&長時間露光で。
   x2_20100817_001-bl.jpg

なんか違うな。近すぎるから?
それに、三脚で固定した位置に花火を持ってくるのが難しい。
そもそも、被写体(っていうか持ち手)がブレるんだから、三脚は意味なし?

   x2_20100817_022-bl.jpg
三脚やめたり、焦点距離や、露光時間をいろいろ変えてみたけど
ダメダメ写真ばかりでした。

光のほのかな線香花火ならうまくいくか?

   x2_20100817_090-bl.jpg

   x2_20100817_091-bl.jpg

線香花火は、ホント、パッと咲いてパッと散る、って感じ。
それに、持ち手がヘボだと、咲かないうちに火玉が落ちて「サヨナラ~」に(笑)

比較的マシに撮れたのがこの2枚。
しかし、撮っている時は夢中で気づかなかったのだけど、
向こう側の家から洩れる明かりが半端な玉ボケに。
もう少し、この玉ボケが活かせればよかったかしら‥‥


と、まあいろいろ反省をしまして

3日後、再び、リベンジということで。
今度は、三脚はやめて、キスデジ、40D、そしてコンデジG7と
カメラ3台体制で挑みました。(もちろん、ブルテは他に7Dで)


打ち上げ風に、上に向けてみました。よい子はマネしチャダメですよ^^

   x2_20100820_040-bl.jpg

この日は風がやや強めで、煙が邪魔。
いろいろ風向きに合わせてアングルを変えてみたけど、
どうしても花火の光跡より煙が勝ってしまうのです。

線香花火は、1秒でも長く楽しめるように、風の影響を受けないような角度で構えたら

   40d_20100820_059-bl.jpg
そういえば、前回のような玉ボケを入れることができなかった;;

   40d_20100820_056-bl.jpg

手持ち花火の写真は、人間を入れずに花火だけを撮るのはかなり難しいことがわかりましたが
線香花火は、もう少し研究の余地アリ、かも?


いろいろやってみましたが、風のせいかライターの火が上手く点かなくなってきて
最後の1本は、コンデジG7の花火撮影モードで。

   g7_20100820_003-bl.jpg
さすが、コンデジのシーンモード。
難しいことを何も考えなくても、イチバンまともに撮れてたりして(笑)
しかし、シャッター押してから記録するまでに時間かかり過ぎ。
花火1本で、この1ショットが撮れただけで終わってしまいました。


ところで、先日の新聞の投稿欄に、
「最近は花火を楽しむ場所がない」
というようなことが書いてありました。

たしかに、住宅地で花火やってる子どもって、最近は見ないですね。
ブルテと柴壱は、この写真撮るために近くの児童公園に行きました。
夏休みだけど、花火なんかやってる子どもは他にいないし、
抜け道になっていて、結構人が通るものだから、ちょっと恥ずかしかったりして。

いやいや、花火やる場所がないだけでなく、
花火そのものが、なかなか手に入らないんですよ。
この花火は、ホームセンターで買ってきたんですけどね。
昔は、街の玩具屋さんの店先に、夏になるといっぱい並んでたものなんですが、
今は玩具屋そのものが、街から消えてしまってるしね。


今の花火は、おそらくほとんどが外国製で、
子どもの頃のものに比べて、1本の時間が短いような‥‥
(そう感じるだけかもしれませんけど)

夢中になってファインダーを覗いていると、見過ごしてしまいそうですが
あとから写真で見ると、短いながらも火花の色が三変化、五変化、と変わるんですね。
   x2_20100820_022-bl.jpg

          x2_20100820_024-bl.jpg

                 x2_20100820_026-bl.jpg

ホントはファインダー越しでなく、自分の目で見たほうが、
ずっと楽しいかも知れないですね。

でも、まだあと1パック(30本くらい)残っているので、
風の弱い日を狙って、もう一度チャレンジしてきますよ~v

子どもの頃、母が「お札燃やしてるようなものだ~」と言ってたのを思い出しつつ(^^ゞ


nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 17

コメント 6

michy-papa

労を惜しむのは私も同じです。
花火は撮りたし待つのは無理だし
帰りは混むし。
by michy-papa (2010-08-29 22:07) 

こうちゃん

僕も今年は、花火はパスでした。
by こうちゃん (2010-08-30 00:37) 

platinum

線香花火のにおいが伝わってきます!
by platinum (2010-08-30 19:16) 

ぐす+

あ、こちらにも富士山(^^)

三脚に線香花火を固定して・・・てのはダメでしょうか(笑)
by ぐす+ (2010-08-30 21:18) 

Michy

夕焼けの富士山とスカイツリー、素敵です。
ご自宅からこれだけ見えるなんて贅沢だわ〜。
花火写真ですか…憧れです。
私にはまだ早い!って感じかな。
そう言えば庭先で花火をやっている子供、見かけませんね。
幼い頃、ねずみ花火とか怖かった〜(笑)。
by Michy (2010-08-30 23:13) 

ぐす

花火ならぬ花美、同感ですね。
ある意味、デフレスパイラルですかね?

人が少なくてじっくり撮れるのはいいこと・・・ぢゃないですよね。
by ぐす (2010-09-05 00:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。