So-net無料ブログ作成
検索選択

芝居deオフ会@『太鼓~』 [観道楽の感動・楽]

メリークリスマス!です。

  x2_20081213_126-bl.jpg
記事本題とは関係ありませんが、12/13(土)の街角激写団@浅草~銀座で撮ったワンショット
「電飾激写嬢を激写」です^^(注・全く知らないお嬢さんです)
この日に撮った写真の中ではイチバンのお気に入りですが、記事にしないうちに「賞味期限切れ」に
なりそうなので、今のうちにご紹介(^^ゞ

12/20(土)、紀伊國屋サザンシアターで【こまつ座『太鼓たたいて~』】
千秋楽を見てきました。

(「ここからが本題」とはいうものの、芝居の話は文字ばかりで長い。
 …なので、興味のある方だけ、さらりと見てってチョーダイ。
 興味のない方も、開いたついでに下の方にある「電飾激写団」の写真だけでもどうぞ)

  x2_20081122_143-bl.jpg
今回、劇場周りの写真は撮らなかったので、【前回(11/22に鑑賞)】の時の写真使いまわしです。
でも、間違いなく劇場入り口には「満員御礼」の札が付いていました。
4年半前の公演の千秋楽は、劇場のある紀伊國屋書店(新宿南口店)と高島屋を結ぶ連絡通路に
当日券を求める人の長蛇の列ができたそうですが、当時は補助椅子を出せるだけ出して
それでも、多くの方が券を買えずに泣く泣く帰っていった、という伝説のような話を聞いていました。
いつからか、消防法の関係でこの劇場では補助席が出せなくなったらしく、客席の窮屈さは
ありませんでしたが、最後列の壁際までビッシリと埋まっていました。

東京公演が終わり、今日現在、あとは山形での2ステージを残すのみとなりましたので、
ややネタバレ的ですが、お芝居の話を少し。

この芝居は、『放浪記』で有名な林芙美子の、井上ひさし得意の「評伝劇」です。
もちろん、芙美子役は大竹しのぶさん。

舞台は、客席が暗くなると、穏やかな生ピアノのメロディに合わせて、
1輪の花を胸元に持った大竹さん演じる芙美子がシルエットで下手(舞台向かって左)から
現れます。
そして、上手からは梅沢昌代さん演じる芙美子の母キクさんが、腰を曲げてヨボヨボとシルエットで。
梅沢さんって、実年齢は大竹さんとほとんど変わらないのに、おばあちゃん役がホントにうまい!
「母さ~ん」「よぉっ!」ってな会話が聞こえてきそうな仕草に続いて、
次々と他の出演者がシルエットで登場。

柴壱さん、このプロローグで、不覚にも涙がポロポロと流れてきてしまいました^^;
すでに8回も見ているのですから結末はもちろんわかっているわけですし・・・
(といって、悲しいだけの結末ではないのですが)
ピアノの穏やかなメロディ(これがエピローグにも登場するのです)も心に染み入るのです。
そのうえ、こんなおもしろい芝居が、もう見納めになるのか‥‥
そう思っただけで、泣けてしまったのでした。
いつからこんなに涙もろくなってしまったんでしょう、ワタクシ^^;

出演者6人すべてのシルエットが登場すると、「ジャンッ!」という不協和音のピアノとともに
シルエットを作っていたスクリーンが落ち、ここからは明るい音楽とお芝居。
涙なんか忘れて、大いに笑わせてもらいましたよ^^

林芙美子といっても、私自身はその作品を読んだこともなく、森光子さんが芸術座の『放浪記』で
芙美子役を演じて「でんぐり返し」をしているくらいしか知りません。(もちろん見ていません↑)
この林芙美子という人、気が強くて奔放で、作家としても女性としても、
あまり評判がよろしくないようですが、この芝居に登場する芙美子さんは、
別なアングルから捉えられています。

『放浪記』のような自らの貧乏を売り物にした小説はもうイヤ、と
当時の世の中の流れ…「戦争は儲かる」という幻想のようなものに乗せられて、
戦争を賛美する文章を書き、実際に戦地にも赴き、従軍作家として活躍するのです。
(今風に言えば、戦地レポーター?)
しかし、日本の勝利が怪しくなり、戦地の惨状を目の当たりにして、
自分が太鼓や笛で囃し立てるように賛美してきたことが
いかに愚かなことだったかに気づき、悔いる。
そして、戦地から戻ると、信州の山奥に引き篭もり、書くことをやめてしまう‥‥

敗戦後、誰もが自由な考えを言える時代になり、精力的に書き続ける。
戦争がいかに愚かなことだったのか、自分たちはどこで何を間違えたのか、
兵隊はどんな思いで死んでいったのか、
戦争未亡人や戦災孤児が、どんな思いで生き抜いてきたのか、を
忘れないために、そして二度と同じ間違いを繰り返さないために。
「書かなくてはね、書かなくてはね」
そう言いながら、昭和26年の夏、心臓病で旅立っていくのです。

大竹さん演じる芙美子の最後の「書かなくてはね」の長ゼリフに
客席内はあちらこちらからすすり泣きの声。
ここは、何度見ても泣かせてくれます。そこが大竹しのぶという人の凄さなんだなぁ、とつくづく…

こうして「泣かせポイント」の話だけを書くと、悲しい芝居のようですが、
いえいえ、笑いどころいっぱいのお芝居です。
大竹さんと、母親役の梅沢さんを軸に、他の出演者たち、とりわけテレビでもお馴染み阿南さんの
芸達者ぶりには、毎回、大笑いさせてもらいます。
本当は、彼こそ戦争に弄ばれた気の毒な男の役なんですけど。

12/26、山形のシベールアリーナでのラストステージ、もう一度楽しんできます。


ところで、この芝居、千秋楽に見にいきます、ということで、ずいぶん前からこのブログで
宣言しておりましたが、【チヨロギさん】が同じく千秋楽の切符を取られたそうで、
ついに、お会いすることができました。…ってわけで「芝居deオフ会」です。

終演後は、お茶でも、ということに。
お芝居のあとは、できればスタ○やド○ールではなく、落ち着けるところで
余韻を楽しみたいのですよ。
でも、高島屋の中のカフェは、どこもすごい混雑で、ティーブレイク難民になるところでしたが
何とか、少し待って、papa's cafeにもぐり込むことができました。
ケーキセットなんかいただいたのですが…残念、写真はない!!

この間のfukumusumeさんとの時もそうでしたが、初対面でありながら、
こうして、ネット上でいろいろな会話が交わされていますし、趣味やライフスタイルなんかも
多少はわかっているのですから、話は弾むわけです。
この日見たお芝居の話だけでなく、三谷さんのことから、倉本聡の話まで、
なんだか、いろいろ、長々と話し込んでしまいましたね。

このあと、新宿モザイク通りのイルミネーションもご一緒に。
ふたりで電飾激写団です^^

  x2_20081220_042-bl.jpg

坂の下から上っていくと、オーロラのような青い光のドーム。
  x2_20081220_005-bl.jpg

今年のテーマは「ボタニカル」? おばさんは「唐草模様」と言ってしまうのだが‥‥
天井も、こんな模様でした。
  x2_20081220_012-bl.jpg
そして、最近流行の、色が次々変わるツリー。
四変化まで写真に撮れましたv 
  モザイク通り01.jpg
もっと他の色にも変わったのかどうかはわかりませぬ。

そしてそして、ここでも「激写団を激写」
  モザイク通り02.jpg

みんなが楽しそうに写真を撮っていると、つい後ろから写したくなってしまうのですが‥‥
そんな柴壱も、チヨロギさんから激写されていたかも!?

このモザイク通りって、20年以上も前、まだ新宿南口に何もなかった頃
友だちに連れられて、何度か歩いたことがありましたが、
なんとも、若い女性心をくすぐるような、かわいい小道(坂道)という印象でした。
今でも、オシャレなお店がいろいろ並んでいますよ。
去年の電飾シーズンに、ホントに久しぶりに行ったのですが、
実は、偶然辿りついたようなわけで、いざ行こうと思うと、どこから入ればいいのか全くわからず
グルグルと遠回りしてしまったのでした。

モザイク通り




このところ、ちょっとオフ会づいていて、新しい世界が次々広がって楽しんでおります。

留守番のブルテはというと、またしても花の美術館で、ソネブロ町内会の人気写真ブロガー
【こうちゃんさん】と偶然deオフ会になり、いろいろとアドバイスをいただいてきたそうです。
ありがとうございました。

柴壱としては、次は「柴わんこオフ会@昭和記念公園」なんぞ企てております(*^_^*)
そのうちに、ね。



オリジナルカレンダーニッポンのわんこよみ2009」が完成しました。

わんこよみ2009完-ba.JPG
↑詳しくはポチッと


nice!(13)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 9

柴犬陸

『太鼓たたいて。。』、4年半ぶりに観劇しました。
林芙美子については、この芝居を観るまで、全く興味がありませんでした。
観終わって、芙美子はとても正直な人生を生きたのだと納得ができます。
彼女の死が「緩慢な自殺」だと言われるのは、とても象徴的です。

ブログがとりもつ楽しいご縁が続いていますね。
by 柴犬陸 (2008-12-25 07:59) 

kumimin

メリークリスマス♪
激写する人を激写シリーズ(勝手にシリーズ化?)いいですね♡
お芝居もしばらく見ていないけどWOWOWとかでやってるとついつい見てしまいます。大竹しのぶさんすごいですよね=^^=
「太鼓たたいて笛ふいて」…覚えておこう!!
イルミネーションきれいですね。新宿行ったけどサザンテラスをちらっとしか撮ってなかったです。
by kumimin (2008-12-25 08:41) 

みゆき

メリークリスマス!
またまたオフ会ですね。
このイルミネーションすごく綺麗ですね。
写真もとても綺麗に撮れてますね。
柴壱さんの写真の腕前もずいぶんと上達されたようですね。(^^)
ステキなクリスマスを。。。
by みゆき (2008-12-25 13:47) 

Cocona

イルミネーションキレイですね
新宿じゃないみたい。柴壱さんの写真で楽しませてもらいました

昭和記念公園オフ会、楽しみです
by Cocona (2008-12-25 20:34) 

チヨロギ

プロローグのところで、私もぐっと胸にこみ上げるものがありました。
(おいおい、まだ始まったばかりだよ~)って、自分でも驚いてしまったのですが。
最後の芙美子の長ゼリフや、芙美子のお骨にキクがお茶を淹れるシーンでは、
こらえきれず涙が・・・。
おかげで劇場にハンカチ落としてきちゃいましたよ~(泣)

オフ会では楽しかったです。もらいっぱなしですみません!(滝汗)
ケーキの写真、すっかり忘れてましたね。食べるのとしゃべるのに夢中で。
 > 「唐草模様」と言ってしまうのだが
私もです(>▽<;;(笑)
柴壱さんの後ろ姿、しっかり激写させていただきましたよんw

のちほど私からもTBを送らせていただこうと思いますが、
すでにわんこよみの記事にも送ってしまいました。
柴壱さんのご判断で、ふさわしいほうを残していただければ幸いですv
by チヨロギ (2008-12-26 00:19) 

sara

素晴らしい観劇の後、親しいチヨロギさんとの待望のオフ会が実現しましたね☆
素敵な思いつきで、楽しい時間を過ごし、そして激写隊出動ですね♪ (^-^)
読んでいて、楽しい時間のあれこれが、こちらまで伝わって来ました〜。
そして、今ごろは柴壱さんは、お隣の山形にいらっしゃるんですよね(不思議。
今日は宮城でも朝には雪が積もり、道路は圧雪状態! 滅茶苦茶寒いです。
山形だと、もっと凄いのでは? どうぞ、お気をつけてお帰り下さいませ。
by sara (2008-12-26 17:09) 

okin-02

イルミネーション綺麗ですね、もう撤去された頃でしょうね・
来年のお楽しみですかね。
by okin-02 (2008-12-26 22:41) 

男なら

ぬいた(*´ω`)$ http://www.64n.co/
by 男なら (2012-01-02 13:56) 

バーバリーブルーレーベル

お世話になります。とても良い記事ですね。
by バーバリーブルーレーベル (2013-08-03 23:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。